葛城古道から高天彦神社ご近所ドライブでパワースポット巡り【奈良県御所市】

和歌山へ行く時に最近良く使っているのが、奈良県の県道30号線『通称山麓線』というだけあって、並行しているR24号よりも標高の高いところを走っているため、景色も良いうえに適度なアップダウン、カーブが続き、おまけに交通量も比較的少な目というドライブには最高のルートです。
途中には野菜の無人販売や、食事、お茶、もちろんどこにでもあるコンビニも含め、R24号よりもおススメなルートであることは秘密にしておきたいところです。

そんなルートの途中で、気になる表示を見つけたのでフラッと立ち寄ってみました。
0000.jpg
『神話の里 高天ケ原』 何か呼ばれるようにして急こう配の道を上がっていきました。
●地図です

うちのカーナビ表示だと
0001.jpg
分かりにくいので広域図で・・・
0001-1.jpg

大阪からだと、R309の『名柄』交差点、南阪奈道路からは葛城ICを降りて『太田南』交差点をそれぞれ右折し県道30号線を南下します。
R309名柄交差点からだと約3キロくらいです。

標識のところ(信号はありません)を右折すると、急こう配の道を登り急カーブを曲がっていくと、いかにもな光景が。ここだけ見ても何か神聖な雰囲気が感じられます。

001.jpg
歩いてだとこの道を行くのかもしれませんが、クルマなので道なりに行くと・・・ホント急こう配です。冬場はちょっと気をつけないと、凍結してると登れないかもしれないです。

002.jpg

さらに上っていくと、開けた場所に広くはないですが無料駐車場がありそこに車を停めます。 駐車場から高天彦神社へはこの杉並木の参道を進んでいきます。
003.jpg
雨の日だったんですが、木や山のパワーに、雨という条件がより何かが伝わってくるのかなと・・・。 そう感じるだけでも、今迄から何かが良くなればいいのかなと。

さて、お参りをする前に撮影・・・です。
007.jpg 008.jpg


鳥居の右のほうには・・・カエル石。無事に帰るとかいろいろあるようですね。
旅も遊びも釣りも・・・無事に家に帰ってからこそ楽しかったと言えますし・・・。
008-2.jpg
さて、手水でけがれを落し(落ちたのか不安)、まずはお参りを。
その後・・・神社内を散策。とは言え広くはないのですが、歴史がありとても落ち着けました。
もちろん、人が居なかったということもありますが、雨も強いため休憩所でしばらく小休止。

011.jpg

休憩所の欄間・・・日本の伝統って凄いなと思います。うちの家にはありませんけど・・・。

何点か撮影した画像です。晴れた日も良さそうですけど、雨の日で良かったのかもしれないなと。何だろう、雰囲気なんでしょうか・・・。
009.jpg 010.jpg
012.jpg 013.jpg

交通量の比較的多い県道から金剛山のほうへ上ること数分、本当に神秘的な何とも言えない雰囲気の中に神社はありました。駐車場から神社への参道も、杉の巨木の中を通りそれだけで気持ちが引き締まるのではないdしょうか・・・。ご神体が背後の山『白雲峯』との事で、本殿はないそうです。
祭神は高見産霊尊(たかみむすびのみこと)、別名高天彦神。 祭神は高見産霊尊は『天孫降臨』に深くかかわった高天原の神でもあるため。今も高天原伝説が伝承されているそうです。
詳しくは高天彦神社の解説表示をどうぞ。
014-2.jpg
アクセスは近くの駅からバスかタクシー、歩いてということになるのでしょうが、秋のシーズンに奈良交通さんで土日祝日のみですが臨時バスが運行されるようです。
別館ブログです
■葛城古道巡りに便利な臨時バスが運行のようです(2016年秋)



帰りに手水のところでお会いした方が、水を汲んでおられたので「飲めるんですか?」と聞くと、「美味しいですよ」と。地元の方かどうか分かりませんけど、ペットボトルに汲んで帰ることにしました。
016.jpg

家でコーヒーを飲むときに使いましたけど、ここからも何かのパワーとかがもらえたのかな?

1時間くらいお参りをしたり、散歩したり撮影したりで、大きな神社ではありませんでしたが、とても落ち着けて、ご神体の山、周辺の森、木などから何かを感じることが出来たような・・・気がします。帰り際に、駐車場横の野菜の無人販売所を覗いてみると。

017.jpg
立派な茄子が3つ入って100円でしたから、一袋買って帰りましたがとても美味しかったです。
雨も本降りで、雲も何もかもが神秘的に見えます(影響されすぎかもしれないです)。
020.jpg

デカい『でんでん虫』も久しぶりに見た気がします。最近、街中で見かけないですよね。
021.jpg






1つ気になったのが…
018.jpg
し、執念の道…?
な、何だろうと思ってその日は帰ったんです。が、やはり気になってネットで検索すると、どうやら執念を持って道を作った事に対しての御礼だとか。
と、石碑の裏に彫ってあるという情報を発見、数日後確認しに行きましたが、やはり道を通したお兄さんへの感謝の気持ちが彫ってありました。

秋の稲刈りの季節や、初冬の空気の澄んだタイミングで行けば景色も良さそうなので、また行って来ようと思います。

御所市観光協会さんサイト 高天彦神社

パワースポット 二上山・葛城山・金剛山周辺

スポンサードリンク


この記事へのコメント